西荻窪の西洋骨董店「ラ・シェリーヌ」より「おなじみのお客さまに感謝!(ミリアムハスケル)」

20090420141208.jpg

Boucherの薔薇のイヤリング!とても精緻な作りです・・・・

先日、Tさんが店に来てくださいました。
久しぶり・・・!!です。
Tさんは、吉祥寺で「ラ・シェリーヌ」を開店したころからの、おなじみのお客さまです。
ひょんなことから、西荻窪でまた再会して、今日(こんにち)に至ります。
Tさんは私の母親に近い年齢(許して)。
現在、ご主人が認知症になられ、ヘルパーさんと介護をしておられます。
しかし、心の衰えはなく、とにかく元気!! 二人の共通話題は沢山あるので、話が盛り上がり、
時間がいくらあっても足りない、といったかんじです。
「以前、あなたのとこで買ったカメオね、どこにいっても褒められるわよ」
と、Tさんの光栄なコメント。なにしろ、15年前の購入ですから。嬉しいです。
なにより、Tさんは、ハスケルファン!「ラ・シェリーヌ」でも、購入してくださいました。


「薔薇育てているんだけど・・。高木絢子さんの本を全部揃えて、そのとおりに手入れしているのよ」
と、Tさん。
「あら、私、5月16日に高木さんの庭を見学にいくのよ」
少々、私は自慢したかったのですが、Tさんは「へぇー」と、相槌をうつだけ。
おおらかなTさんらしい。

それにしても、吉祥寺時代のお客さまと、こうしてつながっている喜び!!

20090420142654.jpg
                                         
 サラコベントリーの花のブローチ!大きなアンバーガラスの花芯とキラキラと輝くゴールドメタル!!

4月は、体調を崩すことが多く、永い一ヵ月でした。
でも、私と、店を覚えてくださる方に、感謝でいっぱいです。
 
現在、ホームページ立ち上げに、日々奮闘中です!
通販もできますので、その折は、是非、是非、検索してくださいね!
よろしくお願いします!!

   E-MAIL   lashellynu@gamail.com
.29 2009 アンティーク comment(-) trackback(-)

西荻窪の西洋骨董店「ラ・シェリーヌ」より「尾崎豊ファンへ・・!!!」

4月25日
あなたは、この日を忘れないでしょう。
あの日から永い年月が流れ、あなたには、あなたの人生があったはず。
さまざまな出会い、別れ、そして新たな生命の誕生や・・。
痛苦、渇仰、彷徨、感喜・・・・と。

あなたは、たぶんとてもひたむきで無垢なひと。

私の西洋アンティーク店の屋号「ラ・シェリーヌ」も
尾崎豊の唄「シェリー」からつけさせていただきました。
一昨年、NHKの「西荻窪」をテーマにした番組があり、クルーの方々が店内に
来られ、テレビ取材を一時間ほど受けました。さまざまな質問を受け、屋号のことから、
尾崎豊のことに話は及び、「尾崎」について私はたっぷりと(!)話をさせていただきました。
残念ながら、「和」がコンセプトの番組で、私の語り(店内の撮影等も)の放映時間は
ゼロ分でした(涙)。

尾崎豊にとても会いたい。
あなたも、今、そう思っておられるでしょうか?

20090420141722.jpg

庭に咲いた薔薇・・・・あなたのもとへ、届くように・・・!
.25 2009 アンティーク comment(-) trackback(-)

西荻窪の西洋骨董店「ラ・シェリーヌ」より「ひと足早い母の日のプレゼント(ミリアムハスケル)」

「骨董の街!西荻窪」に是非どうぞ!西洋骨董店「ラ・シェリーヌ」より・・・・・

20090419150815.jpg

皆さま、お元気ですか?
早いもので、4月も半ばをとうに過ぎ、ゴールデンウイークのご予定はありますか?
一足早く、「母の日」のプレゼントを・・・・・・!

これは、イギリスの田舎町で買ったものです。
ベークライトではなく、プラスチックでしょう。時代は、ちょうど素材、デザインの移行期で1940年か、50年くらいです。
「MOTHER」と銘うっているのが、イギリスらしいです。
お色は乳白色っぽいホワイト。縁取りが、ちいさく波がたに刻まれています。
大げさでない、「世界にひとつ」の「ちいさなプレゼント」になるでしょう。
世界にひとりの「お母さま」への、あるいは「お義母さま」への。

長さなど、後日追記します。

20090420140915.jpg

母といえば、私も心が痛みます。
体の不自由な母・・・。
できるだけのことはしたい・・と、思っていますが、煩雑な日々。
お互い、やさしい気持ちで、この日だけは母親(のおられる方は)と、接したいですね!
.21 2009 アンティーク comment(-) trackback(-)

西荻窪の西洋骨董店「ラ・シェリーヌ」より「ミステリメーカーHARについて(ミリアムハスケル)

20090419185600.jpg

コスチュームジュエリーのミステリメーカー「HAR]を、ご存じですか?
アメリカに1950年ー1960年年代のごく短い期間に存在し、さまざまなジュエリーを生み出したCOMPANYです。
しかし、「HAR」の商品は実在しても、その背景(HARというCOMPANY)のことは、謎のままです。それ故、商品の入手が難かしく、当然高値というわけです。

「コスチュームジュエリー(平凡社)」の紹介から、「HAR}というと、チャイナふうの人面細工を
連想なさるかたも多いと思います。実は、オリエンタルで
エキゾチックな手法のアクセサリーを生産していたのを、ご存じですか?
エナメルのようなペイント手法。凹凸のあるフォルム。魔か不思議なデザインのものを。

実は、私は「HARコレクター」です。
はじめは商品として入手していましたが、すっかり私自身が「HAR]のとりこになってしまったのです。
近いうち、「ホームページ」を公開し、「HAR」の商品も、1,2点ご紹介します。
是非是非!!! ご覧くださいね!!

20090419121830.jpg

今は、新緑の季節ですね?
モッコウ薔薇が、我が家にも咲き誇っています。
店に行くまでの道すがら。庭先の花木を、楽しんでいます。

先日,「お店を始めたい」という方がご来店になりました。
以前はこの手の相談をよく受けたのですが、世相を反映してか、久しぶりです。
とてもしっかりとした方で、買い付けもバイヤーさんに頼まれ、「グラス中心」とビジョンもしっかり
しておられました。
オレンジがかったピンクのグラス(フランスの刻印入り)を、ご購入。

20090419150020_20090421151956.jpg


写真は、BSKの翡翠つきのブローチです。「HAR」の雰囲気があるので。
価格は19000円。この商品はインターネット価格で、今回10%OFFです。

◆   Email   lashellynu@gmail.com
TEL (03)5382-9206 (火、水曜定休日)
.17 2009 アンティーク comment(-) trackback(-)

西荻窪西洋骨董店「ラ・シェリーヌ」より「お礼とホームページと(ミリアムハスケル)」

4月11日、12日と、西荻骨董まつりが西荻骨董会館で行われました。
例年、多くの方が来て下さいますが、「ラ・シェリーヌ」も人、人、人・・・でした。
なつかしいお客さまにも数人再会。
「ラ・シェリーヌ」を大切に思ってくださる方々がおられることを知り、
感謝の気持ちでいっぱいでした。

20090409135053.jpg


◆現在、ホームページをたちあげるのに、日夜奮闘しています。
公開の折は、是非、是非、検索してください!
検索件数が多くないと、パソコンから、パッと立ち上がらないのです。

◆友人、知人の方など、どうぞご興味のある方にお知らせください!!
いずれ、通販やクリアランスなど、行いたいと思っています。
是非、是非、よろしくお願いいたします。

◆遠方より、ハスケルのジュエリーをご購入の方々も、便利になると思います。
また、皆さまに、お知らせしますね!!

◆我が家は、モッコウバラが咲き始めました。ラベンダーの苗もふやしました。
お宅はいかがですか?

◆ゴールデンウイークも近いですね。店内、カップなどほぼすべて、10-20%OFFになりますので、
 いらしてくださいね!!!
.14 2009 アンティーク comment(-) trackback(-)

西荻窪の西洋骨董店「ラ・シェリーヌ」より・・「素敵なご本とスミレのカップ」

20090409212553.jpg


我が家の小さな小さな庭に、しだれ桜が咲き始めました。
狭い庭が故、花つきも、今ひとつ(涙)。
皆さまの周りは、いかがですか?
これから、ガーデナーにとって、忙しい、そして楽しみな時期でもありますね?


「香りを楽しむ庭づくり」(NHK趣味の園芸ガーデニング21)を購入しました。
著者は、網永睦子さん。
私にとっては、知人でもあり、友人でもあり、憧れの人でもあります。
ご本は網永さんの性格そのものの、親切で丁寧で分かりやすく、庭づくりの美しい指南書。ペ-ジをめくった途端、(うわあ・・・・!)と、心の中で叫んでしまいました。何故って、かつては
私も「花少女」であり、いつも心は「花」に向けられていたことを思い出したからです。
「花やさんになってもいい」くらいに。


20090409104512.jpg


網永さんのご本には、そんな魂を揺さぶる何か(SOMETHING)が込められています。
庭のガーデニングプランから、四季ごとの庭作りのポイント、香りの植物ガイド等が、美しい写真と網永さんの花を愛する心とともに。
私が心に残ったのはハーブを取り入れた暮らしかた。たとえば、ハーブを使った染め物、美容浸出液、ベーグルなど。
自分で育てた花、草木、ハーブを生活に取り入れ、活用する。本当に心躍る、豊かなことですよね?
なにしろ、食物等の安全の見直しがされている昨今、安心して食べたり、使用したりできますから。

20090409134643.jpg

著者の網永さんは、すみれ好き。
そこで、スミレのティーカップをご紹介します。
ビクトリア社のトリオのカップ&ソーサーです。
この会社は、名品のよさを語りかけるような素晴らしい商品を沢山作りだしています。
何といってもこのペイント手法が素晴らしい。スミレが大胆に、力強く、かつ繊細さをも内包して描かれています。たっぷりと塗りこめられた金彩。その美しさ。豊饒に語りかけるスミレたち。
なんと魅力的な一品となのでしょうか。
年代は1920年から1930年頃。

昨年末、画廊の仕事をしている知人が、店にいらしたとき、このカップをたいそう褒めてくれました。
「こんな良い絵付けのカップは、叩き売ってはだめだよ。一生持っていてもいいと思う」と。


花は、人を癒します。ときに、夢や希望も与えます。
網永さんのご本も、このアンティークのスミレのティーカップも、そして、貴方の周りに咲く雑草や、
庭木や公園の花々たちも。

20090409134907.jpg
.07 2009 アンティーク comment(-) trackback(-)

西荻窪西洋骨董店「ラ・シェリーヌ」より「ミリアムハスケルにとりつかれた美しい・・客さま」

2009_0404_182345-P1010366_convert_20090406213802.jpg


十三、四年ほど前のことになります。
当時、私は吉祥寺で店を営んでいました。
五月のこと。 女の方が店に入ってこられました。
狭い店内をぐるりとまわり、商品を丁寧に見ておられるご様子。
「あ・・・」
その方がちいさな声をあげました。
「ハスケルですね?素敵・・・・!」
ジュエリーケースの中には、ハスケルの商品が数点飾られていました。
「見せてください」
私がケースからハスケルのジュエリーを取り出すと、その方はさも愛おしいというような表情で手に
とられました。

数日後、その方はハスケルのネックレスを買っていかれました。
私とテイストが似ていたらしく、その後もピンクカラービーズ、バロックパール、何点も
ハスケルジュリーを購入してくださいました。時には、アンティークジュエリーも。


細身で小顔。
顔の中のパーツはちいさいけれど、とても整っていらして、ふわっと風に舞ってしまうような・・・。フェアリィを蓮想するような綺麗な方でした。何より、生活感が全くなくて・・・。
ご自宅が店と近いこともあってか、その方は、連日店に足を運んでくださるようになりました。
そして、ハスケル以外のジュエリーも、手にとられて「ああ、つけると綺麗ですね?・・」などと、
鏡を見ながら、陶然となさって。
ある時、「夜、寝る前、ハスケルのジュエリーを眺めたり、さわったりするのが、私の唯一の生きがいなの。細工も色も形も素晴らしいのですもの」と、その方は教えてくださいました。
でも、正直をいうと、毎日店に来られることが、私にはだんだんつらくなってきたのです。買い付け直後ならともかく、連日では商品もディスプレイも大きく変わらず、「つまらないのでは?」と心苦しいような気持ちになってきて。
でも、その方は、相変わらず連日のように店に寄ってくださいました。
買い付け直後は、飛ぶような足どりで店に来てくださって・・・。必ずハスケルのジュエリーを購入してくださる・・・。
いくつも、いくつも、間断ない収集。
たぶん、私のテイストとお客さまのテイストが、合っていたのでしょう・・。
その関係は、吉祥寺で店を営んでいる間中続きました。


幾星霜(?)、時は流れ、現在西荻窪でアンティークショップを営む私。
先日、その方の家の前をとおりましたら、表札が変わっていました。
以来、その方以上に熱烈な、「ハスケルファン」の方にお会いしたことはありません。


私は、幸せ者でしょう。




.05 2009 ミリアムハスケル(Story&Shop) comment(-) trackback(-)

西荻窪西洋骨董店「ラ・シェリーヌ」より「アンティーク商品のご案内(ミリアムスケル)」

20090326201300.jpg


四月の到来!!!
4月には、12monthsの中でも特別の響きがあります。
出発、希望、期待、新しい世界への飛翔・・・・。
反面、別れ、失意(心ならずも)、思いがけない移動など・・・。
貴方の4月は、いかがですか?


スタートということで、今日は、商品の紹介をいたしますね。
右から、

◆レーマー杯にも似た、フランスの美しいグラスです。厚手のガラスは「ほっこり」とした形で、経年のまろやかさがあります。ステムは渦巻き模様のレッドカラーです。めずらしい、魅惑的な一品です。

◆お顔の見えないピンクッション人形。ドレス部分は、うすいラベンダーからの光沢の布地、レースのあしらい、ピンが1本刺されて、しかりと作られています。お顔は写っていませんが、陶器でできています。美しいソーイングアンティーク、あるいは、美しい置き物としてもいいでしょう。

リング二つ。
◆カメオリングは、素材がストーン。高貴なものです。カメオの彫りが繊細、かつ非常に精緻です。この小さなラウンドに、です!モチーフは丹精な貴婦人。気品、そして、洗練された雰囲気が漂います。

◆バイオレットカラーの指輪は、ハート型のアメジストが嵌めこまれています。
石を支えるホワイトカラーゴールドのシャンクも、ななめに沿うようにかたち作られています。
三九〇〇〇円。リーズナブルな価格と、指映りのよさが魅力です。

◆扇型のブローチ。マルチカラーラインと透かし模様が美しいブローチです。刻印は、あの「ミリアムハスケル!!」。セーター、ブラウス、にあしらったとき、驚くほど美しく、愛らしく、映えます。

◆カップ&ソーサーは、オキュパイドです。
金彩が、多様に施されています。下地のスカイブルーは、点描写のような技法で塗りこめられています。海、船、太陽、絵柄のモチーフもめずらしく、輝くような絵さばきです。光に当てると、透ける陶器。焼きのよさを現わしています。
おしゃれで、レアな一品です。

◆マイセンの小皿です。ブルーとレッド、リーフ模様も鮮明でやわらかな手描きもよう。バター皿として、製造されたと言われています。フォルムも、数か所、波がたにウエーブがかかり、とてもきれいです。小さな美品でしょう。


◆◆◆◆・・・・・
四月・・・!!
私も忙しい月になりそうです。
庭では、桃が咲いています。花や、緑は、人の心をまろやかにします。
アンティークも然り。
「ラ・シェリーヌ」にも、どうぞお越しくださいね!!
.01 2009 アンティーク comment(-) trackback(-)
 HOME 

informtion

ラ・シェリーヌ

Author:ラ・シェリーヌ
吉祥寺にあります、西洋骨董店です。フランス、イギリス買い付けのた多彩なジュエリー、西洋骨董、レアな小物等、充実のアイテムです。なお、オープンは、事情(母の介護)により、少々おまちくださいませね。
HP,ブログからのお問い合わせ・ご注文はお気軽にどうぞ!



ホームページへリンク
「ラ・シェリーヌ」
ラ・シェリーヌ
バナーをクリックするとホームページへ飛べます

・定休日 
月曜・水曜・第2火曜
(買い付け・催事等で不定休有り)
(第1土曜は15時~のOPENになります)

・営業時間 
平日13:00~18:00 
土日祝13:00~19:00

TEL: 03-5382-9206
FAX: 03-5382-9206
(同上)

最新記事

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

お好きなメッセージを3Dで表示するブログパーツ

検索フォーム

QRコード

QRコード